某NPOをクビになったときのお話

某NPOを解雇された時の経験談

2015年4月に某NPOでニート・引きこもり・若年無業者専門のカウンセラーの仕事をしていたときのお話をします。

 

カウンセラーの仕事というよりは、就労相談員&技術指導です。

 

  • パソコンの講師(Word、Excel、PowerPoint)
  • 経歴書作成・面接対策・企業リサーチ
  • コミュニケーションセミナーの運営企画

 

でした。元々人前に立ってプレゼンをすることが得意だったことやパソコンの操作は得意なので、適正と言えば適正。

 

もちろん、選任カウンセラーの仕事は任せてもらえませんでした。

 

セミナーを通じて利用者の方から信頼され、相談に乗るようになりました。メンタル系・心の相談よりも、仕事探しや職業適性など技術支援の部分が強かったですね。

 

相談が終わってから利用者の人は満足してくれるのですが、専門カウンセラーの人からはさんざん注意されましたね。

 

「あなたのやっていることはカウンセリングじゃない!」と指摘を受けていました。

 

「そもそも目的が就労支援なんだから、技術を習得させて、仕事に就かせる方が先でしょ!」という気持ちが根底にありました。

 

確かに仕事に就かせることを第一と考えるのなら、私の行動は間違っていません。ただ、NPOの性質上、無理をして仕事に就かせる必要はどこにもないんです。

 

後から解ったことですが、あくまで就労「支援」であって、仕事に就かせることを前提にはしていません。組織の立場上、支援さえしていれば、就労するしないは本人の自由です。

 

しかし、当時の私はその部分を上手に汲み取ることができず、何としてでも仕事についてもらおう!と積極的に仕事に励んでいました。

 

利用者を就労させようを第一目標にしていたので、「受容的態度」や「共感的理解」が疎かになり、相手を上手に誘導させることばかり考えていました。

 

もちろん、利用者の話は人一倍聴いていたのですが、それは全部「聴く技術」に頼った聴き方でした。

 

ここで2つの議論がありました。

 

就労支援業務は、「傾聴」よりも「交渉」だと考えている方からは、自分のやり方を正しいと認めてもらえました。一方で、「傾聴」を重視する側の人たちからは批判されていたみたいです。

 

某NPO法人を解雇されて、去ることになりました(外資系並みのクビ切りの早さでビックリしました)。

 

100%事業所都合でクビになったので、失業者として職業訓練校に通えることになりました。

 

ちなみに、この時の経験は今でも若干トラウマです。