ディベートとは?

ディベートを学ぶとどんなスキルが身に尽きますか?

ディベートをすると何かスキルが身に付くんですか?なんて質問をよく受けます。

 

●4つのスキル

  • 理解する力→相手の話を相手よりも理解する力
  • 分析する力→ひとつのことを様々な視点から考える力
  • まとめる力→話す前に一度頭の中で内容や順番を整理する力
  • 表現する力→どうやったら相手により効果的に伝わるか言葉を選ぶ力

 

 

 

 

ディベートの試合をすると、一度にたくさんの話を聴いて、ひとつひとつを理解しなければいけません。

 

ひとつひとつを広く深くチェックすることになります。話をまとめながら、言葉を一つ一つ選び、どうやったら解りやすく伝えるかを考えなければなりません。

 

議論・討論と聴くと、堅苦しいイメージを持つかもしれませんが、基本は言葉のキャッチボールが上手にできていることが大事になります。

 

自分の意見を一方的に主張して、相手の意見を聞かないなんてディベートの試合ではありえません。

 

こんなときにもディベートは役に立ちます。

 

  • 論文・レポートが時間内に書けるようになった
  • 物語やシナリオを描くときにアイディアに困らなくなった
  • 企画発表やプレゼンの場で緊張しなくなった
  • 面接の場で、緊張せずにアピールができるようになった
  • 男性がよくする難しそうな話についていけるようになった
  • 相手と上手く話せるようになりコミュニケーションが楽になった

 

 

相手の話を上手に聴きながら、自分の意見も伝えられるようになった

 

・・・どうですかね?過去に私がディベートを教えていたときに、頂いた言葉です。もちろん、全員女性です。(男性は「色々勉強になりました」の一言で終わります・・・悲)

 

 

選ぶ力

 

あなたにとって必要なものを選ぶ力ですね。私たちの日常には、様々な選択肢があります。

 

例えば「今の会社に残るか、転職をするか?」・・・これはまさにディベートです。

 

誰もがこんな悩みを持っているかと思います。おそらくあなたもですよね?
転職ネタをお話しすると、

 

例 お仕事での選択肢

  • 今月いっぱいで今の会社を辞めるか?それとも続けるか?
  • 転職をするのなら、働きながらするか、辞めてからするか?
  • 会社を辞めたら、スグにでも転職活動をするか、少し休んでからにするか?

人生は決断の連続です。特に、女性は男性よりもたくさんの決めないといけません。

 

結婚や出産のことも考えないといけませんからね。
(この点について、私は解っているようで解っていません-悪しからず)

 

 

 

で、もしも迷っているのなら、お勧めなのが、実際に行動してみたと仮定して、メリット・デメリットの2つを想像してみることです。

 

  • AかB/YESかNOで選べるテーマを設定してみて
  • 両方のメリット・デメリットを考えてみて
  • メリット・デメリットを戦わせてみて
  • 最後に納得いくほうを決めてみる

 

が大事になってきます。

 

一見難しく思われますが、実は皆さん日常でこれをしていますよね?

 

例えばお買い物をするときなんかがそうです。

 

どうしても欲しい商品が目の前にあって値札に29,800円と貼られている・・・この瞬間は、商品vsお金でディベートをしていることになります。