ダンミルマン-ソウルナビ「運命システム」

タイプ3 表現力と感性豊かなエンターテイナー

言葉と感情を世に発信し、人々に大きな影響を与える素質を持っています。言葉とコミュニケーションを最も愛しているのが、タイプ3です。

 

言葉を通してでしか、人はお互いのことをわかりあえないとすら思っていることでしょう。だから、あなたは言葉を通して自分の想いを人に伝えます。

 

もしもあなたが人前で発表することが苦手だと感じていても、ほとんどの場合、ただ感じているだけでちょっとトレーニングを積めばカンタンにできるはずです。生まれつきのプレゼンテーターなのが、このタイプ3です。

 

言葉とは繊細なもので、表現や伝え方を誤ってしまうと、相手を傷つけてしまいます。相手を幸せにするのも、不幸にするのも言葉ひとつなのです。

 

タイプ3の中には、自分が発した言葉で相手を傷つけてしまい、それが自分に返ってきたという苦い経験をしてきた人が多くいます。(もちろん、その逆もあります)

 

課題は、言葉選びです。たくさんの言葉を知っていなければいけませんし、人によって柔軟に言葉を使い分ける必要があります。

 

言葉の影響力を知っているからこそ、言葉の専門家になる必要があります。

 

ディベートを通して解決できること

 

最もわかりやすいです。ディベートは、プレゼンテーションを競技にしたものです。無条件で、ディベートを楽しめるのがタイプ3でもあります。

 

ただ、気をつけてほしいことが1点あります。

 

ディベートはあなたが何を伝えたかではなく、聴いている人たちが、あなたのスピーチを

  • どのように理解したか
  • どのように受け取ったか

のほうが大事になってきます。

 

聴き手に合わせて慎重に言葉をひとつひとつ選ぶ技術が試されます。

 

自分本位に思いつきで言葉を連発するのは、ただのピエロでしかありません。

 

もしもあなたが言葉を使って本当に人を幸せにしたいと思っているのなら、是非ともディベートを通じて言葉を選ぶスキルを学ぶ訓練として取り入れて下さい。

 

ある意味、ディベートは、プレゼンテーションのテストのようなものなので、どの言葉を使えば聴いている人たちに響くかが、まるで手に取るように解ってきます。あとは実践です。