ダンミルマン-ソウルナビ「運命システム」

タイプ5 自由と訓練を求めるチャレンジャー

誰よりも好奇心にあふれ、あらゆる手段を通して自由を求めます。それは直接的な経験であったり、間接的な経験であったりもします。

 

自由を感じていたい!という気持ちと憧れから努力をすることも怠りません。他の人には見えない光が目の前に見えていて、それを追い求めるかのうように前進している。そんな雰囲気がタイプ5には漂っています。

 

多方面な才能と好奇心を持ち、あらゆることに能力を発揮しようとします。絶え間なないチャレンジと止まることのない努力で成り立っているのがあなたの人生です。

 

ところが、色々なものに手を出してしまうため、集中力を失い、時には注意散漫になってしまうことが多々あります。そういえば最近たくさん本を買ったけど、最後まで読み切った本は一冊もない!なんてことはないでしょうか?

 

なのにも関わらず、読んだことにしていたりしないでしょうか?そして、他者に対して自分はできる!とアピールに走っていないでしょうか?

 

タイプ5によく見られる傾向で、これらは全て他者から認められたいという依存心からきています。悪く言えば見栄です。そして、あなた気付いているはずです。他人の評価や見られ方を気にしているようでは自由とは言えない。

 

自立vs依存の葛藤をタイプ5は常に抱えています。課題は、他者依存を排除して、結果は後から付いてくる!と信じ切って前に進むことです。そうすれば、本当の意味での自立も手に入ります。そして、人はあなたのことを認めてくれます。

 

ディベートを通して解決できること

チャレンジです。そのままですね。ディベートを通してあなたが最も楽しめることは、自ら脚本(シナリオ)を創り上げて、その脚本の通りに演出(スピーチ)をして、輝いている姿です。

 

ディベートはある意味、非常にシンプルであり、ジャッジから票を勝ち取ればよいだけです。事前にテーマが与えられて、そのテーマを攻略するシナリオを作り上げることです。

 

実際に、ディベーターほど自分のシナリオを作り上げ、非現実的かつ自由奔放な議論を展開しています。

 

ディベーターに限った話ではありません。自由気ままに自分の言葉で表現をしている人は、必ず自分のシナリオを持っています。オリジナルシナリオを作り上げるために、努力も怠りません。

 

自由になるためには努力が必要だと!と誰よりも理解しているあなたら、必ず素晴らしいスピーチのシナリオを作り上げてくれるでしょう。